ボリュームも、味も満足

ボリュームも、味も満足

イタリアンも日本料理も素材の味を活かすという面で非常に似ているといえますが、イタリアンはバターやオリーブオイルなどを使う分、より日本料理より腹持ちがよく、スタミナがつくでしょう。

 

 

 

同じようなお米のリゾットでも、イタリアの場合は、バターやチーズなどが入りますから、育ち盛りでも腹持ちがいいですが、さしずめ、日本の雑炊やお茶漬けはそのときはいいですが、しばらくするとすぐお腹がすいてしまいます。ですからボリュームの面ではやはりヘルシーとはいってもイタリア料理のほうが勝っているのです。

 

いっぱいあって迷いますが渋谷 二次会パーティーはおすすめです。

 

日本料理でもカツレツや天ぷらなどの揚げ物がありますが、イタリアの子牛のカツレツ、羊料理などはもしレストランなどで頼んだら、かなりのボリュームですし、レモンなどをかけてシンプルに味わうとしても、そうとう腹持ちはいいです。

 

熊本 居酒屋ならほむら

 

ですからあまりこってりしすぎないで、しかもさっぱりすぎない料理としてイタリア料理は非常に適しています。ダイエットに向いているかといえば、もちろん日本料理のほうが低カロリーかもしれません。でも、よりボリューム、腹持ちを考えるとイタリア料理も捨て難いと思います。

 

 

 

そのときの気分とお腹の空き具合、そして抱えている仕事や勉強などの量、大変さ?を見越して、イタリア料理を選んでもいいでしょう。

 

 

 

イタリアンをお腹一杯食べすぎ、そのまま寝てしまっては仕方ありませんが。今日はがっつり食べるぞ、でも胃にもたれないのがいいというときは、トマトソースベースの食事がおすすめです。