肉料理も日本と似てる?

肉料理も日本と似てる?

肉料理も日本ととっても似ているところがあります。ただし、イタリアの料理のほうが肉の臭み消しに関しては色々使っている感じです。

 

 

 

日本でいうとさしずめ、大葉とかショウガなどで臭み消しをしているところをイタリアではハーブを使っていることが特徴でしょうか。そうしたハーブを使った煮込み料理でしっかりと肉の臭みが消えて、しかも味に深みがでることは、西洋料理の素晴らしい発見の一つです。こうしたハーブの味わいが、また肉料理の一つのアクセントになっていることは事実でしょう。

 

 

 

また牛肉のカルパッチョのように、素材を焼かないで、そのまま料理するやり方も、非常に日本とは似通っています。日本がフランスやイタリアのやり方をまねしてできたカツレツ、つまりいまでいうところのトンカツがありますが、相対的に日本の肉の煮込み料理は少ないですね。

 

 

 

肉じゃがくらいのものでしょうか。それに比べると、イタリアなどではかなりの長時間煮込んだり、または丸ごと焼いたりするような大胆な料理法が多く、さすがは大陸的、肉食の国の伝統を感じさせます。日本でももっとイタリアの魚介類だけではなく、肉料理、とくに羊料理なども幅広く紹介される様になるといいですね。

 

 

 

ビーフステーキなども、日本のステーキなどとは違うアレンジで、それはそれで非常に美味しいですしカツレツもまた違った味わいで新しい発見になります。

 

 

 

イタリア風にしたければ、カツなどにトマトソースをかけてみるといいかもしれません。本家ではレモンをかけますが。