食事作法

食事作法

日本でも食事作法があるように、イタリアにもイタリアにおいて、スパゲッティやスープをすするなどの音をたてる食べ方は非常に印象が悪くなってしまうので、気を付けてくださいね。

 

 

 

日本でもあまり音をたてて食べると印象が悪くなりますよね。また熱い時などの冷まし方としては、、皿に薄く広げて冷まして食べるか、息で吹いて冷ましてから食べるというのがイタリアでの食事作法となっています。

 

私の行きつけは難波 居酒屋です。

 

さらに、口にいれたものを、再度出すというのは、日本と同じく汚いイメージをもたれ、果実やパンなど、かぶりついて食べるのはイタリアではすごく印象が悪くなってしまいます。食べ方としては、ナイフなどで小さく切って食べるのがいい。

 

 

 

めんどくさい部分もありますが、イタリアの食の歴史は本当に深く、それが伝統で続いているのかもしれません。イタリアや本格的なイタリア料理店にいったときは、これらを気を付けていったほうがいいと思います。食事作法は世界に出る時などは、勉強したほうがいいですね。