イタリア風に酢漬けに挑戦!

イタリア風に酢漬けに挑戦!

日本だけではなく、その国ごとに独特の材料や方法で漬物というものは存在するものですが、イタリアでもやはり漬物はお料理のサイドメニューとしてはずせないもののようです。

 

 

 

イタリア料理の副菜としては、日本でもおなじみのピクルスがありますが、じつはイタリアでもっとも一般的なものが、ケッパーやオリーブの実の漬物なのだそうです。さすがにケッパーやオリーブはなかなか日本では手に入りにくいので、よくある野菜を使って、おうちでも簡単にできるイタリア風の酢漬けに挑戦してみましょう。

 

 

 

それではまず、酢漬けにしたい自分の好きな野菜を何でもいいので準備します。きゅうり、ピーマン、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、キャベツ、大根など何でもオーケーです。じゃがいもやかぼちゃなどはちょっと向かないかもしれません。

 

美味門はこちら

 

まず、野菜をきれいに水で洗い、適当な大きさに切って塩水にしばらくつけておきます。その間に2倍酢または3倍酢を作っておきます。酢の種類も、りんご酢やぶどう酢、玄米酢などいろいろありますが、お好みでどうぞ。いろいろなお酢の味を試してみるのもいいですね。

 

 

 

さて、塩味が野菜に十分についたら、あらかじめ作っておいた2倍酢や3倍酢のはいったガラス瓶に塩漬けした野菜を入れるだけでオーケーです。これで、見た目もカラフルでおしゃれな「イタリア風酢漬け」の完成です。どうですか、簡単でしょう?

 

 

 

酢漬けなので長持ちしますし、酢の主成分はアミノ酸なので体にもよく、疲労を回復させてくれる効果も期待できます。おうちでパスタを食べるときの副菜としてはもちろん、和食にも意外に合いますので、普段の食卓の副菜としてもいかがでしょうか。