イタリアの黒い食べ物

イタリアの黒い食べ物

イタリアは、その細長い長靴のような形をした土地のほとんどが美しい地中海に囲まれた 半島国家です。 新鮮な海産物を豊富に得ることのできる立地条件のためか、魚料理も色々とあります。

 

 

 

その中で、何といっても他国の人の目がぎょっとなるメニューは、イカ墨スパゲッティ なのではないでしょうか。 日本ではすっかりおなじみのイカ墨ですが、ヨーロッパの国々ではその見かけの悪さのせいかまだあまり普及していないとききました。

 

 

 

ヨーロッパではその昔、「悪魔の使い」みたいに考えられていたというイカを使って 、真っ黒いイカ墨でソースを作り、真っ黒いパスタまで作ってしまうイタリア人はさすがですね。皿の中が真っ黒というのは、インパクトが強いです。 密かにファンが多い イカ墨スパですが、いくら美味しくてもデートには食べれないというメニューの トップにでも上がりそうですね。

 

 

 

口の墨に付いた黒いソースはすぐ拭けても、真っ黒に染め上がった歯は 水でゆすいだくらいでは取れません。 どうしてもランチで食べたいのなら、 しっかり歯磨きセットをカバンに入れてから、注文しましょう。

 

 

 

同じく真っ黒で思い出すのは、日本のすぐお隣の国、韓国のジャージャー麺です。 韓国ドラマのファンの方なら、絶対に一度は見たことがあるはずです。 登場人物たちが真っ黒いソースがかかったジャージャー麺を食べるシーンを。 それくらい韓国では、ジャージャー麺は非常にポピュラーな外食、もしくは出前メニューです。

 

 

 

ただ、こちらは、ソースは油でべたべたしていますが、イカ墨のように染料になるものは 入っていないので、歯が染め上がるようなことはありませんので大丈夫です。