イタリアンコロッケ、アランチーノ

イタリアンコロッケ、アランチーノ

イタリア生まれのコロッケと言えばアランチーニ。コロッケと聞くと、じゃがいもやカボチャなどにひき肉や玉ねぎを加えて丸めて、小麦粉、卵、パン粉をつけて油で揚げたものを想像しますが、イタリアン流のコロッケの中身は実はお米なんですね。

 

 

 

スップリとも呼ばれ、シチリア、ローマ、ナポリなどが有名です。お米で出来ているのですが、ローマなどレストランでは、ピザやパスタなどの前菜でフライとして出てくるので、日本のイタリアンレストランなどでも前菜メニューの中に位置していることがよくあります。米を主食とする私達日本人の感覚からすると、重たいのでは?と思う人もいるでしょう。ですがほとんどの場合、ピンポン玉ぐらいの大きさだったり、ちょうど日本のお稲荷さんぐらいの大きさだったりするので、そこまでヘビーなものではありません。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。個室ダイニングほのかは何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

炊いたお米にトマトピューレやパルミジャーノチーズ、ペコリーノチーズ、胡椒、卵などを混ぜたものを小麦粉、卵、パン粉にくぐらせて揚げていきます。地方によって形や中に入れる具材なども様々で、中にはほうれん草やベーコンなどが入っていたり、味付けをしたお米だけの場合もあります。ローマでは主にスップリと呼ばれモッツァレラチーズが入っていることが多いのですが、スップリの語源はフランス語の驚きからきています。

 

京橋で飲むならコチラのお店

 

中に何が入っているかわからないという、サプライズ的な要素が含まれているんですね。実は日本の家庭でも冷蔵庫に余っているものや残りご飯などを使って作ることが出来るので、インターネットなどでレシピを探してお家でイタリアンを楽しんでみてはいかがでしょうか?自宅であればアレンジも自由なので和の食材と組み合わせるのもお薦めです。