忘れてはいけないイタリアパン

忘れてはいけないイタリアパン

イタリア人ほど小麦粉を様々なものへと変化させ、世界中に伝えた人種はいないのではないでしょうか。

 

 

 

その代表的なものが様々な形や大きさのパスタですね。ですがもう一つイタリアン流になる要素の一つとして欠かせないものがあります。それがイタリアで生まれたパンの数々です。ピザも本来はイタリア生まれのパンの一つであり、オリーブオイルと塩を塗り、ハーブを乗せて焼いたフォカッチャが原型となっています。フォカッチャはイタリアンレストランでも定番のパンとなっているので知っている人も多いでしょう。

 

 

 

また最近は日本でもよく見かけるようになったグリッシーニもイタリアのパンです。低音で焼き上げることによって香ばしくなり、パスタや魚料理、肉料理などに添えられている細長いスティック状のパンを見たことはありませんか?イタリアでは食事と一緒に食べるパンは、塩味などシンプルなものが多く、イタリアの食卓に並ぶパンとしては白パンのミケッタやロゼッタと呼ばれるものがあります。

 

 

 

私たちが普段食べているロールパンや食パンのようにふわふわしたものではなく、香ばしさやパリッとした食感がイタリア人の好みのようですね。また私達が普段食べているようなアンパンやクリームパンなどの菓子パンをイタリアで探すと、パネトーネ種と呼ばれる野生の酵母を使ったものが代表的です。レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツをふんだんに使用し、日にちを置く事に美味しくなるそうです。

 

 

 

この他には、日本ではお菓子のイメージが強いビスコッティなどがあります。二度焼くという意味のビスコッティは硬い為、カフェオレなどに浸して朝食などで食べられているそうです。