ピザの種類

ピザの種類

イタリアンと言えばピザ、ピザと言えばイタリアンではないでしょうか。イタリアで本場のピザを食べた人は日本に帰ってきてもその味が忘れられないと言います。最近では日本国内でも石窯などを使って本場のピザと同じものを手軽に食べられるようになりました。

 

 

 

イタリアンレストランに行くとパスタなどのメイン料理とは別に必ずピザを頼む人も多いでしょう。

 

今なにかと話題の有楽町にある居酒屋です

 

新宿で楽しくお酒が飲めるお店

 

南北に長いイタリアでは、山の幸や海の幸、様々な種類のチーズを使ったピザが生まれ、今日でも私たちの間で認知されています。代表的なもので言えば、モッツァレラチーズとバジル、トマトソースを使い、トマトの赤とバジルの緑、モッツァレラチーズの白のコントラストがイタリア国旗のようだと、イタリア王妃が気に入り自分の名をつけたとされるマルゲリータ、ゴルゴンゾーラ・パルメザンチーズ・ペコリーノチーズ・モッツァレラチーズパルミジャーノチーズなどイタリアを代表する4種類のチーズを使ったクアトロ・フォルマッジ、木こり風という意味を持つキノコ類をふんだんに使ったボスカイオラ、通常のピザ生地よりも薄く軽い食感が特徴的なローマで生まれたロマーナ、手で伸ばすことで真ん中は薄く、周りの生地が厚いのが特徴で、ピザの発祥の地とされるナポリで生まれたナポレターナなどがあります。特にこのナポレターナに関しては、ピザ協会が存在し、ピザ生地の厚さ、伸ばし方、焼き方、焼く際の温度などを細かく定め、元祖ナポリのピザの伝統を後世に残す取り組みがなされているそうです。