魚のアレンジ

魚のアレンジ

お魚を食べるときは、日本では焼いて、それに醤油と多少の薬味を添えてご飯と食べるのが定番になっていますが、イタリアやギリシャなどでは、そうした魚介類にバルサミコ酢やオリーブオイルをかけてただシンプルに食べることがあるそうです。

 

 

 

なんだか日本の醤油がイタリアでいうオリーブオイルとバルサミコ酢なんですね。カボチャやズッキーニをお魚に添えるだけで、完全にイタリアンテイストを醸し出すことができます。またちょっとした煮物にも、トマトとハーブなどをいれるだけで、すぐにイタリアンになってしまいます。

 

 

 

余り物の魚介類などをトマトとニンニクで煮込んで、ワインを隠し味、その後バジルなどを加えて、パスタにかければ、それだけでペスカトーレができてしまいます。それくらい、お魚料理はかなり日本と似ていてシンプルです。日本の食材でさえ簡単にイタリア風にすることができるので、今度試してみてくださいね。

 

 

 

またそうしたお魚をムニエル風にしてもいいでしょう。味付けはバターベースにしてもいいし、トマトベースにしてもアレンジ次第ですから、なんとでもなります。

 

新宿 個室

 

自分でイタリア風創作料理を作ってみてはいかがでしょうか。バターなどでこってり味付けたときは最後にレモンをしぼってさわやかに、そしてトマトをつかったら、臭み消しに最後にハーブを加えるなどすれば完璧です。

 

 

 

自分なりのアレンジで、イタリアの楽しい食卓風にお魚料理を工夫して作ってみましょう。