イタリア料理の特徴

イタリア料理の特徴エントリー一覧

イタリア料理の特徴といえば
イタリア料理が大好きという人がたくさんいます。まず一言で言ってもいいつくせないくらいの種類があるようです。まず地方によってかなり料理法が異なると言われています。北イタリアや南イタリアという言い方を聞いたことがないでしょうか?私はあまりないのですが、結構注意深く見てみると、レストランの詳細なんかに記載されていることがあるので見てみてください。イタリア料理と聞いて思い浮かぶものと言えば、オリーブオイルやトマトと私なら思ってしまうのですが、これは南イタリアの特徴なんだそうです。北イタリアではフレンチに...
夜景がきれいなお店を予約しよう
ディナーを予約するとき、夜景のきれいに見えるレストランを選ぶととてもいい雰囲気を味わうことができます。東京などでは、高層ビルがおおいせいなのか、それとも眠らない街だからなのか、夜景の見えるお店がとても多いように感じます。東京タワーが見えるお店なんて関西に住んでいる私なんかは行ってみたいなと思います。ホテルでもあるようだと聞いています。一度なぜか泊まったことがあるのがパークハイアット東京のホテルなのですが、サービスも夜景も何もかも素敵だったのを覚えています。レストランには行かなかったのですが、きっ...
手頃に楽しめるロッソ・ディ・トスカーナ
イタリアのリーズナブルだけれど美味しいワインと聞けば、トスカーナが産地であるロッソ・ディ・トスカーナがすぐに頭に思い浮かびます。重くもなく軽くもなく程よい重さの赤ワインで品種は、サンジョウ゛ェーゼ90%、カナイオーロ7%、コロリーノ3%を使用しています。イタリアの太陽をいっぱいに浴びた成熟したぶどうはフルーティーでフレッシュ、そして風味や味わいだけでなくルビーを思わせる色合いも料理を美味しくみせてくれます。酸味がありますがコクも感じられるワインです。価格も1000円前後でデイリーワインとしては十...
イタリア料理はデザートも豊富
イタリア料理は食後のデザートが豊富だなぁって思いましたね。僕は今では日本でも普通に食べられているティラミスってあるじゃないですか、あれが大好きだったんですけど、実を言いますと、つい最近まで知らなかったんですよね。この他にもジェラードやパンナ・コッタや本当に色々なデザートがあります。なので、本場のイタリア料理店に行けば、食後のデザートも一つの楽しみだと思いますよ。デザートは別腹と言いますが、本当にそうだなって思います。お腹いっぱいに食べても、デザートだけは簡単に平らげる人が多いですしね。それだけ、...
消化を良くするフォルマッジョ
フォルマッジョとは、チーズのことで一般的にはコース料理のあとに出される場合が多いようです。特にイタリア、フランスあたりではデザートの前に食べる傾向が強いようです。日本でも言うに及ばすその傾向があるようです。デザート前に食べるのは、食後の消化をよくするためと言われています。パンと食べるといっそう美味しくいただけるようです。その後は、お楽しみのスイーツやアイスなどで舌鼓をうつのが通常です。脂っこいものを食べるときは、ワインを一緒に飲むといいでしょう。赤ワインは、血圧を下げたり血液をサラサラにしてコレ...
野菜料理は美味しいです。
イタリアの野菜料理はパーニャーカウダーとかいいと思います。新鮮な野菜を温かいソースでつけて食べるんですよ。フォンデュみたいな感じで食べるっていったらわかると思います。主に冬の料理となっておりますが、夏でも美味しく新鮮な野菜は多いので、夏でも美味しく食べれるんじゃないかなぁって思います。この料理を日本に紹介したのは、北イタリアの第1人者と言われる「室井克義」さんによってこの料理が日本に名前が広がったのです。カブやセロリなどを好まれますが、人参や新鮮な野菜ならきっとなんでも合うと思いますよ。テーブル...
飲み物の種類
イタリア料理の飲み物ってコーヒーが主流です。パンとかとなら合うんでしょうけど、ご飯とかに合うのかなぁって思いましたね。食後の一服だとは思いますけどね。この他には、ミネラルウォーターも種類に入っていました。サンペレグリノという名前です。水質は硬水なので、あまり飲みすぎるとお腹が痛くなるので注意しましょう。最後にCHINOという清涼飲料水もあります。ミネラルウォーターっぽいですけど、どうやら炭酸が入っているか、入っていないかで区別があるようです。あまり飲み物の種類がないように思えますが、コーヒーは結...
イタリアの雰囲気づくり
食事をするには雰囲気やムード作りも大事ですが、レストランならなおのこと、それは大事になってきます。でもイタリアの雰囲気作りなら比較的簡単ですし、調度やインテリアでそれらしく作る、雰囲気を醸し出すことはできます。フランスなどとは違って、かなりくだけた雰囲気のイタリアや地中海料理は、より庶民的な居酒屋的にすることも可能です。自宅でイタリアンパーティーをするときも、ちょっと派手目な色とりどりの食器を揃えるだけで、かなり雰囲気を出すことができそうです。そして素材さえよいものを集めたらほぼ成功は間違いあり...
家庭料理風のイタリアン
イタリアの家庭の味、つまりマンマの味が基本です。イタリア男はマザコン、といいますが、このマンマ、つまりお母さんの味が家庭の基本になっているせいなのでしょう。いくつになってもイタリア男性はマンマの味が恋しくなるそうで、逆をいえば、イタリア男は胃袋を掴むことができれば簡単に攻略できる、かもしれません。そこまでの必要性のある方はしっかりイタリア料理を学んでみるといいでしょう。イタリア料理の基本は、やはりどの国でも同じですが、ソースにあって、それぞれ家庭の味がメインになります。もし万人に受ける本当におい...
家飲みでもイタリアン
最近は不景気の影響もあって、また家なら安心して深酒できるせいなのか?家で飲むのが密かなブームのようですね。それだけお酒も、食材もスーパーなどで簡単に手に入れることができて、お料理が苦手な方でも惣菜コーナーを利用して好きなものを選ぶことができます。非常に便利で、そしてお酒のみにとっては嬉しいことです。そうしたお惣菜、もしくはデリバリーもいいのですが、とくにイタリアの前菜料理などは家庭でも簡単に作れるものが多いので、ぜひ2、3品つくって、お酒のお供にしていただきたいです。モッツアレラチーズ、そしてオ...
選択に迫られるターゲット
別れさせ屋の恋愛工作が進行していく過程では、一時的に二股状態や三角関係、それ以上に複雑な関係に発展する可能性もあります。例えば、彼と別れたいという場合は工作員を含めた三人の関係、妻と別れたいという場合は妻のほうに一時的な不倫関係が発生しますし、彼とその浮気相手を別れさせたいという場合はあなた・彼・浮気相手・工作員を含め4人が事に関係することになります。工作はこうした複雑な関係を作り出すことが目的ではありません。新たな関係を作ることで「別れ」を誘発させることに目的があります。ですからこの複雑な関係...
お酒を片手にイタリアン
イタリアンの前菜って、色とりどりでキレイだし、お洒落な感じなので、お酒の席でも適していますね。とくにおつまみとしてはサルティンボッカ、パーニャカウダー、マリネやカルパッチョなどもあります。野菜や魚介、肉類などを十分使ったそれらのメニューは、非常に栄養のバランスがよいばかりか、お酒にもよくあいます。そのようなおつまみが美味しいから、ついスパークリングワインなどを飲み過ぎてしまったという経験のある方も多いでしょう。飾り付けもよく、味わいも色々でつい沢山の種類を試してみたくなってしまいます。ですから、...
ボリュームも、味も満足
イタリアンも日本料理も素材の味を活かすという面で非常に似ているといえますが、イタリアンはバターやオリーブオイルなどを使う分、より日本料理より腹持ちがよく、スタミナがつくでしょう。同じようなお米のリゾットでも、イタリアの場合は、バターやチーズなどが入りますから、育ち盛りでも腹持ちがいいですが、さしずめ、日本の雑炊やお茶漬けはそのときはいいですが、しばらくするとすぐお腹がすいてしまいます。ですからボリュームの面ではやはりヘルシーとはいってもイタリア料理のほうが勝っているのです。日本料理でもカツレツや...
野菜もしっかりイタリアン
イタリアンに特徴的な野菜とは、といわれれば、当然トマトを思い浮かべる方も多いことでしょう。トマトは当然、色々なもののベースとなるソースにも多用されますし、南イタリア料理では欠かすことができない食材です。そしてそれ以外でもパスタでよくお目見えするナスなどもおなじみですね。それ以外では肉料理や魚料理の付け合わせで、ズッキーニやピーマン、もしくはアーティーチョークなどをよく見ます。イタリア料理は野菜もしっかり取り入れた、色とりどりのハーモニーが楽しい料理です。肉や魚介類だけではお皿をキレイに彩ることが...
肉派?魚派?
イタリア料理のメインはやはり肉と魚ですよね。僕は主にお肉系を食べますけど、みなさんはどちらが好きですか。お肉が大好きな人は、僕のおすすめとしましては、カルパッチョはオススメですね。みんな食べことがありそうですけど。お魚はあまり食べないのですけど、アクアパッツアがいいなぁって思います。イタリア料理を楽しむには、このメインを選ぶ楽しさがないとダメだと思います。コース料理も様々あると思うので、自分にあったものを頼めばいいと思います。また、最近では、居酒屋みたいな店でもイタリア料理を提供しているところも...