イタリアン流になるについて

イタリア料理の特徴といえば

イタリア料理が大好きという人がたくさんいます。まず一言で言ってもいいつくせないくらいの種類があるようです。

 

まず地方によってかなり料理法が異なると言われています。北イタリアや南イタリアという言い方を聞いたことがないでしょうか?

 

私はあまりないのですが、結構注意深く見てみると、レストランの詳細なんかに記載されていることがあるので見てみてください。

 

イタリア料理と聞いて思い浮かぶものと言えば、オリーブオイルやトマトと私なら思ってしまうのですが、これは南イタリアの特徴なんだそうです。

 

北イタリアではフレンチに近いようなクリーム系が特徴だそうです。

 

日本で食べるイタリア料理は日本人向けにアレンジしているものも多いので、本場のものとは特徴が異なるようです。

 

また、新宿 個室のイタリアンなんかは結婚式の二次会や宴会にも使用できますよね。

パスタの種類。

イタリア料理のひとつにパスタがあると思います。私もパスタは大好きで、結構食べております。イタリアでのパスタは、ラザニアやマカロニ、ラビオリ、ニョッキなど様々あります。私のおすすめはマカロニかなぁって思います。

 

一番好きなのは、ミートです。もし、イタリア料理で迷った場合は、パスタ系をオススメします。手軽に食べれますし、麺ですから、それなりに消化も早いですし、メイン料理のひとつなので、美味しく、この1品だけでお腹がいっぱいになると思います。パスタと別のものをと言う場合は、ピザを頼んだりするといいでしょう。

 

しかし、カロリーが気になる方はちょっと食べにくい組み合わせかなぁって思いますね。パスタだけでも十分だと思います。何故なら、イタリアのパスタは魚介類が多くありますので、パスタだけで色々な一面が見れると思います。

 

イタリア料理で全然検討がつかない、どんなメニューにしたらいいかわからない場合は、是非パスタ系を選んでみてくださいね。

旨みが体に染みるタン(湯)

「タン」とは漢字で「湯」と書き「タン」と呼ぶスープメニューです。クッやチゲとどう違うのかというと、タンは肉や骨などを長時間に出してスープを作るということが特徴。一番有名なタンといえば「サムゲタン」ですね。

 

鶏1匹を丸々使い、鶏の中に高麗ニンジンやにんにくなどの薬膳ともち米をつめて、鶏が柔らかくほろほろになるまで煮て食べる料理です。「コムタン」というと、牛のスネ肉、胸部、膝、内臓と骨を煮てとる白色のスープ。牛コツだけでとるスープを「ソルロンタン」、牛テールでとるスープを「コリコムタン」とも呼びます。

 

骨付き牛カルビでとった透明のスープは「カルビタン」は焼肉屋さんの定番メニューですね。「カムジャタン」は直訳すると「じゃがいもタン」。なぜか野菜の名前がついています。しかしスープの基本は骨付き豚の背中をコトコト煮たもの。それにじゃがいもを入れトロトロになるまで煮るのです。お肉のスープに野菜が染みてとてもおいしい料理です。